写真集「世界一周」有園麻美

Taganga

2006.11.11 ~ 2006.11.14 世界地図を広げてみろよ。

お金と宿情報はこちら

タガンガはホントにいい場所だった。長期滞在したいなぁと思うくらいよかった。けど、1月にブラジルに入らねば!という目標のために、 あんまり長居はできなかったけど。ちょっと高かったけど、海の目の前のホテルに泊まった。それが、もう大正解!海が目の前だから、泳ぎに行くのに、 よいしょと腰を上げなくていい。泳ぎたいと思ったら、水着に着替えて、出て行けば、目の前は海!すぐ泳げる。泳ぎつかれたなーと思ったら、すぐに部屋 へ戻って、シャワーを浴びてサッパリできる。その手軽さが、面倒くさがりな私にはよかった。朝、まだ人があまりいないうちに、海へ入る。 人が多くなってきたら退散。そして、夕方、日が沈む前くらいにまた海へ入る。そういう生活を毎日していた。
部屋にはハンモックもついているから、海を見ながら、音楽をかけて、ダラダラできる。夜は波の音が聞こえてくる。あーなんて素敵なの!この状況!! 大好きタガンガ!

一緒の部屋だったドイツ人は1ヵ月バケーションでコロンビアに来ているらしい。働いていても、普通6週間休みが取れるっていっていた。 「日本は1週間くらいだよ」と言ったら「知っている」と。なーんで、日本は休みが少ないんだろう。そして、働きすぎるんだろう? しかも、働きすぎてることを自慢げに思ってるふしがあるよなぁと思う。残業しすぎがそんなにエライのかー!?、睡眠時間が3時間?それがエライの? 休みなし?土曜も働いてる?それを、自慢げ(本人は自慢してる気はないと思う)に言う人たちが沢山いることが、おかしい。 就業規則時間内にできないで、残業したり土日出勤したりするのって、ただ単にあなたの仕事が遅いだけじゃないの?と思う。 本当に働きすぎだよ、日本人。でも、その働きすぎの精神のおかげで、日本は発展したのかもしれないので、悪い悪いとも言えないけどさ。 でも、もうちょっと働きすぎを控えればいいのに。私が社長だったら、社員に年間1ヵ月は休暇あげたい(なんちゃって。言うだけは簡単だよな。)

最後の夜は、部屋1人だったので、パソコンひらいて、ネットから拾ってきた情報をガイドブックに写していた。そして、世界一周を見ながら これからのルートを考える。あーでもない、こうでもないって、考えれば考えるほどわくわくしてくる。どうしよう。どうやってまわったらうまくまわれるんだろう? 予算ももう半分くらいしかないし。でも、行きたいところは沢山。世界は広いな。これは、世界2周目しないと、見たいところ全部見れないかもしれない。 「もう駄目だと思ったら、世界一周を広げてみろよ。中央アジア、シベリア、南米、太平洋の島々、アルプス、アンデス、チベット、ヒマラヤ.... 想像してたら元気になるだろ?」この言葉を思い出す。この言葉の通り、世界一周広げて、これからのことを考えると本当に興奮してしまい、 この日は久々に夜更かしをしてしまった。

写真集「世界一周」有園麻美