写真集「世界一周」有園麻美

Ile Sainte Marie

2007.08.19 ~ 2007.08.23 苦労して辿り着いた島の話

お金と宿情報はこちら

写真をもっと見る

セントマリー島へ行くまでが大変だった。 まず、タナからトアマシナへ。それも朝早くでて、着いたのが7時くらいでまっくら。そして、お目当てのホテルへ行くと潰れていた(泣)気をとりなおして、近くのホテルへ行くとフル。。あぁ、、もう私はどうしたらいいの!?と途方にくれていたら、ホテルの前にいた親切なおじさんが、他のホテルへ車で連れていってくれた。しかし、そこもフル。次のホテルへ行くも、そこもフル。あぁ、もう私は今夜は野宿!?もしかして人生初の野宿!?と途方にくれていると、おじさんはまたホテルを見つけてそこへ行くと、一部屋だけ空いていた。しかし、16,000ARとは思えないような宿。。あぁ、、泊まりたくない。でも、他に選択の余地がなかったし、いくつもホテルをまわってくれたおじさんに悪いので、諦めて泊まることにした。しかし、部屋で1人になると、あまりにもなっとくがいかない料金に本気で腹が立ってきて泣き叫ぶ。最近、イライラすると泣いてばかりである。子供が気に入らないことがあるとすぐ泣くのと一緒ね。私、この旅で幼児化してきたな。日本かえって順応できるのかが不安である。

次の日は一気にセントマリー島へ移動だー!と思って朝早く起きると、雨。。なにこれー。本当に私ってツイてないじゃん。。と思いつつも、せっかくここまできたしと思って、準備してタクシー拾って、バス乗り場まで。なんとか、出発間際のバスをつかまえられていく。しかし、走っているうちに土砂降りに。あぁ、、これ絶対荷物濡れまくりだよー。。なんで雨なんだろう。今は乾季なんじゃないの!?なんで雨が降るの!?そして、セントマリー島への船がでている町に着いて、船を探すも、今日の船はないとか言われる。しかも明日の船を探しても、ツーリスト用の高い船のことしか教えてくれない!私の情報によると庶民の船があるはずなのに。。どこなの!?庶民の船!?まぁ、今日は船がないんじゃーしょうがないと思い、ホテルに泊まるが、ここのホテルも、この設備でこの値段!?みたいなところで、またイライラ。。本気でむかついて、腹が立って、昨日と同じように泣き叫ぶ。もうマダガスカルくるんじゃなかった!物価安いと聞いていたけど、全然安くないし、シングルの部屋がないから一人旅行者にとっては宿代がとても高いし、本当にもう来るんじゃなかった!もう、2週間くらいで帰ってやる!などと泣き叫んでいると、怒りがおさまってきた。しかし、外は雨だから出かけられないし、部屋にコンセントもないので、パソコンで暇つぶしもできない。電気が少ししかないので、本も読めない。何もすることがない。はぁ~何これ?

また次の日。宿の人に聞くと、安い船があり、朝6時にレストランにくればいいと言っていたので、早起きをして、 その宿のレストランに。しかし、全然誰もこない。だから、宿の人に船は!?と聞いても、今度は7時になったら 誰かくるから待っていろとか適当なことを言ってくる。本当にむかつく女だ。確かじゃないならわからないって言え ばいいのに。7時になっても誰もこない。本気でむかついて、しつこく宿の女に船は?と問い詰めるが、その女は 私のしつこさがイヤだったのか、聞いても無視してきやがって、またムキー!!!!怒りピーク!!!! マダガスカル人全然よくない!優しくない!サイテー!!こんな奴らみんないなくなればいいのに! と、またもやマダガスカルへ来たことを後悔した。宿の女に聞いても、何も教えてくれないので、 そこら辺の人に聞いたら、高い船のチケット売りの人のところへ連れていってくれた。しかし、その船代、 52,000AR。そんなに払えるわけないじゃん。。とガックリきて、高い高いというと、4万アリアリまで下げてくれた。 だけど、4万アリアリでも高いと思い、もうこれって神様が私にセントマリー島へ行くなって言ってるんじゃないの? とか思えてきて、もう船乗らずにタナへ戻ろうと、タクシーブルース乗り場へ行こうとしたら、船のチケット売りの 人がじゃあ35,000アリアリでいいよと言ってくれた。それでも高いと思ったが、庶民の船と1万アリアリしか かわらないんだったら、まぁ許せる範囲かなーと思って大人しく行くことにした。船は揺れまくって、まるで 遊園地のアトラクションに乗ってるみたいで楽しかった。

で、着いてみると、とってもいいところ!本当に来てよかったー!って思った。 マダガスカル来るんじゃなかった!からマダガスカル来てよかった!に変わったもんね(笑) ただ天気がよくなくて毎日絶対に1回は雨が降っていたのが残念ではあったけど。でも、それでも本当にいいところ だったと思う。私は島が好きなのかも。ベリーズのキーカーカもすごく好きだったし、タンザニアのザンジバルも よかった。海が好きだね。泳いだりするわけじゃないんだけど、雰囲気が好きなのだ。 しかも、泊まっている宿が超居心地がよくてまーじーでいいところだった。泊まる宿は重要だな~。 3日間苦労してセントマリー島まで来たかいがあったよ。セントマリー島へは くじらを見るために来たんだけど、マダガスカルの物価が思った以上に高かったので、くじらは諦めたのだ。 それでも、セントマリー島はとてもよかった!

夕日もとてもキレイだった。

歩いていたら(たぶん)カメレオンが!さすがマダガスカル

写真集「世界一周」有園麻美