写真集「世界一周」有園麻美

Moromanga

2007.08.24 ~ 2007.08.25 インドリを求めて。

お金と宿情報はこちら

写真をもっと見る

セントマリー島からの帰りの船で思ったけど、セントマリー島は私はとても好きになった。とっても いいところだった。だけど、もう多分ここに来ることはないんだろうなーって思ったら、もうちょっと 長くいればよかったかなーって思った。でも、マダガスカルは45日オープンのチケットを買っているから、 延ばすことができないし、セントマリー島に長くいたがために、マダガスカルでいきたくても時間の関係で いけない場所がでてきちゃうのももったいないし、セントマリー島を出たのは適切だったとは思う。今までも、またここに来たい。またここに来ようと思った場所はいくつかある。でも、実際に本当にまた行くのかっていったらわからないし、私は1回行った場所にはあんまり興味がなくなってしまうので、多分行かないんだと思う。そう考えると、「ここ好き!」って思ったところには、いたいだけ長くいた方がよかったのかなとか思う。人と人との出会いも一期一会なら、場所との出会いも一期一会。大切にしなくては。

名残惜しい思いでセントマリー島を出発して向ったのは、ムラマンガ。ここはペリネ国立公園があり、キツネザルの中で一番大きなインドリが見えるというところ。ガイドブックを見ると、インドリが見やすいのは、早朝と書いてあったので、早く起きて行こうと思ったのに、起きたら8時。8時、、大丈夫かな?と思ったけど、行かないでその日を無駄にするのがイヤだったので、行くことにした。バス乗り場に行って、乗るも、出発まで1時間は待った。出発する時点で9時半。本当に大丈夫?インドリ見れるの?と不安になる。バスが走り出しても、やっぱり明日にすればよかったかな?これでインドリ見れなかったら高い金が無駄になるし。。と不安でいっぱいに。バスがペリネの入り口に着いたのは10時半。ロンプラ見ると、インドリを見やすいのは7時から11時って書いてあるんですけど。。 あと30分しかないけど!?「ちゃんとインドリは見れるの!?」とガイドに聞くと「見れる。」と言うので行くことにした。もしインドリ見れなかったらカイド料払わないからな!と心の中で思いつつ。。

歩くこと30分くらい。ちーーっともインドリ表れない。なんなの!?もしかして本当に見れないの!?どうなの!?植物の説明なんてどうでもいいからインドリ探してよ!と心の中で思いつつガイドについていく。したらイター!

インドリ!一匹見つけたら、そのあとどんどん見ることができた。木をかきわけてインドリ探ししたりしてね。軽くトレッキングぽかった。結構沢山インドリいるのね。観光客も沢山いて、騒ぐ人とかもいたのに、インドリはあんまり逃げなかった。近寄ってもこないけどね。木にしがみついて、上から人間を見下ろしてきょろきょろしていた。ちょーかわいかった!!やっぱり猿はかわいいね。

その他にもブラウンレミューもいた。でも近づくと逃げるので、あまりうまくとれず、後ろ姿になってしまったけど。

マダガスカルヒルヤモリもいた。

カメレオンも見れた。

ちゃんとインドリも見れたし、大満足で終わったのでした。よかったよかった。だけど1つ後悔が。それは写真がぼけ写真しか撮れなかったこと。この日は天気がわるくて光が足りずに、写真がぼける。インドリがいるのは遠くなので、フラッシュ使っても光が届かなさそうなので使わず。というかフラッシュは禁止なのかなーと思って使わなかったのだ。写真がぼけてしまうなら動画を撮ればよかったのに、この日は動画とるという考えがまったくなくて、全然動画とらなくて、終了してから「写真がうまく撮れないなら動画とればよかったのか!」と気づいたのでした。あぁ、くやしい。

写真集「世界一周」有園麻美