写真集「世界一周」有園麻美

Mexico City

2006.08.06 ~2006.08.09 ビビリながら中米スタート!

お金と宿情報はこちら

写真をもっと見る

シアトルからロスへ飛行機で行き、ロスからメキシコシティへ飛んだ。メキシコシティ行きの飛行機の隣の席の人はヒスパニック系の子だった。 ロスに住んでいるとかで英語ぺらぺら。私よりできていた。建築家になりたいとか言っていた。まだ中学生なのにちゃんと夢があっていいなぁと思った。 大学では何勉強してたの?とか聞かれたけど、全然答えられなかったなぁ。いやはや、恥ずかしいことですね。

メキシコシティについた。初めての中米、未知の世界なわけ!そして中南米はこわいっていう先入観もあって、初日はずーーと怖かった。
だから、飛行場からもタクシー使った。今考えれば超もったいない話です。で、宿についてチェックイン。同じ部屋の子がテオティワカンに行くというので、 私もついて行くことにした。だって、なんかメキシコこわいんだもん。1人で行動したくなかったのだ。

テオティワカンはマヤ文明の遺跡(多分)なんです。結構広い。太陽のピラミッドと月のピラミッドがあります。歩き方のテオティワカンの説明文とか読むと、 おもしろいなぁと思うけど、実際遺跡見て何か感じたかっていったらノーですね。何も感動しなかった。ふーんって感じ。はぁ。やっぱり私は遺跡を見ても何も感じないみたいです。
でもこのピラミッドとか階段とかの石でできた模様?はかわいいと思った。パッチワークみたい。。とか思って。あと、だだっぴろい所で遺跡しかないのね。 だから空がすごく広い!それがキレイだったかな。
あと、アリがいっぱいいたんだけど、日本みたいに黒くないの!赤いの!それが気持ち悪かった!感想としてはこれくらい?貧弱な感想でゴメンナサイ。笑

テオティワカンからは1人で帰りました。1人で帰れたってことで、自信がついたのか、2日目からは怖くなくなりました。地下鉄使って移動しまくり。 結構色々なところへ行きました。
まず、国立人類学博物館。ここはすごーく大きい博物館。テオティワカン、マヤ、アステカなどの遺跡から選りすぐったものを展示してるらしい。 有名なのでいったんですけど、遺跡とかにまったく興味のない私にはちっともおもしろくありませんでした。感動もなにもなし。多分、歴史とか知っていたら 楽しめたのかもしれないけど、そんな知識もないしねー。ただ、ぼーと展示してある遺跡を見る。。。もう、まったくつまらなかった!! やっぱり私が遺跡を理解するなんて無理なんだわー!!!と。もう博物館も遺跡も行かないよ。と思いましたとさ。

あとは、ガルバルディ広場というところがありまして、そこではチャロという貴族の衣装に身を包んだマリアッチ楽団の演奏家が集まり、客のリクエストにこたえて セレナータを奏でるというものをやってるんですね。そこに行くと、タダで音楽がきける。正確には、お金払わないと演奏家たちは演奏してくれないわけですが、 誰かがお金払ってリクエストしたものを、横で聞いている分にはお金はまったくかからないのです。だから、私はそうやって演奏を聞いていた。ケチな発想ですけど。。 なかなか演奏はよかった。雰囲気あるよね!夜とか聞くといいよね!私は昼間に聞きに行ったけど。そのガルバルディ広場は治安が悪いらしく、私は夜行く 勇気はなかったのでした。

友達に薦められたので、ルチャリブレというメキシコのプロレスも見に行きました。ルチャグッツがかわいい!思わずマスクを買ってしまいました。 しかし、買うときは「これいい!」と思って買ったにもかかわらず、宿に帰ってもう一度考えてみると、もっと違うマスクにすればよかったーとか思ってしまった。 なんかガイコツっぽくないですか?しかも、つくりもちゃっちいし。。うーん選択をまちがったかも。そのときは知らなかったのですが、マスクの小銭入れもあったみたいで、 それ買えばよかった!!と後悔。。もっと品物をちゃんと見るべきだったな。
肝心の試合はですね、楽しかったです。私は全然プロレスについて知らなくて、どうやったら勝ちなのかとか、サッパリわからなかったんですが、それでも 楽しかったです。開場の盛り上がりもすごいし。好きな選手のマスクかぶって応援してる子供とかいてかわいかった。でも、もう見にいかなくてもいいかなー(笑)

他にも色々いったんですけど、そんなに特に感動も感想もないので、省きます。行ってないところで行ってみたかったのが、フリーダカロ博物館。 私は全然知らなかったのですが、有名な画家みたいです。
あとは、ルイス・バラガンという有名な建築家の建築作品。メキシコにはその人の建築した建物が沢山あるのです。地球の歩き方見ると、それはもう美くすぃー! お上品な、光の入り方がきれいそうな建築が沢山。。知っていたら、絶対行ったのに、ルイス・バラガンのことを知ったのも、メキシコシティから離れる前の日とか だったので、いけなかったのでした。あぁ、行きたかった。私が最新の地球の歩き方を持っていれば、早く知れたのになぁ。ケチって古本屋で昔の メキシコの地球の歩き方買うんじゃなかった。。とか思って少し後悔しました。

メキシコシティは屋台がいっぱい立ち並んでいます。初日は下痢になるのを恐れて屋台で食べなかったんだけど、色々な人に聞いた結果大丈夫らしいので、タコスを食べてみた。おいしかった。 それからは、屋台で食べまくり。屋台恐れて食べなかったら、食費がすごいことになるしねー。なるときはなるのだと思って、気にせず食べるのがいいんでしょうね。 地元の人が食べてるんだから、私が食べても大丈夫なはずですよねー。


写真集「世界一周」有園麻美