写真集「世界一周」有園麻美

Los Angeles

2006.07.12 ~2006.07.16 孤独なロサンゼルスの旅

お金と宿情報はこちら

写真をもっと見る

空港に着いて、早くも難関到来!泊まるホステルまで行くのに、バスを使えば行けるはずなんだけど、そのバス停がどこにあるのかわからない! インフォメで聞いても、教えられて行った先は、シャトルバスのバス停。シャトルバスいくらか聞いたら、15ドル!15ドルなんて大金出せません!と思って、そこの人に普通のバスの バス停を聞くけど、知らないとか言って教えてくれないの。でさ、わからずウロウロしてると、警察みたいな人にどうしたんだ?といわれ、ここの宿に行きたいけど、バス停を探してるとか言ったら、またシャトルバスのバス停まで連れていかれた。 もう疲れてきたので、ここでいいやと思って、それを使うことに。結局17ドルもかかり、最初から大損しました。

宿に着くと、酔ってそうなおっちゃんがいて、チェックイン。こわそーだなーとか思ったけど、いい人でした。スーパーの場所聞いたら、「このカード見せると割引してくれる」とか言って、カード貸してくれたし。でも、そのスーパー遠すぎ! 歩いて結局40分以上はありました。飛行機であんまり寝てなくて、眠いのに、炎天下の中40分も歩き、まじで本当に疲れました。しかも、そこで、買い物したら、おつり取られたし。5ドル半くらいの買い物で6ドル出したら、お釣くれなかったの!ひどいよね~観光客だと思ってナメられたっぽい。 そのとき、ちゃんと、「お釣ください」って言えばよかった、と後で後悔しました。こーゆー小心者なところをどうにかしたい。

2日目は、宿の掲示板に貼ってあった英語の学校に行ってみました。でも、夏休みなのか、開いていなくて、、しかたないので、そのままベニスビーチまで歩いて行きました。 ビーチ沿いは、犬の散歩してる人や、ジョギングしてる人とかが沢山いて、すごくさわやか。さわやか過ぎて、今日は、休日なのかしら~?と勘違いしそう。。 ここにいる人たちって、何の仕事してるんだろう?
そのままサンタモニカまでずーと歩いて、サンタモニカのショッピング街を見てまわりました。そして、サンタモニカのメインストリートを通り、Abbot Kenney Blvdを通って帰ってきました。 無印の商品置いてるお店もあった。でも値段が2~4倍くらいになってたなー。あと、ミシェルゴンドリーのDVDが19ドルだった!日本で買えば5千円以上するのに!買うか迷ったけど、荷物になるかもしれないと思って諦めました。

それにしても、孤独だー。今まで、家に帰ればみんながいて、話し相手にも困らず、毎日楽しく過ごしてた。 でも、今は独り。みんながいるっていうことに慣れてしまって、独りがすごく寂しく感じる。 素敵な風景も、独りだと味気なく思う。誰かいればいいのにな。寂しくて帰りたいとは思わないけど、とりあえず、誰かと話したい。話す相手が居なさ過ぎて、独り言が多くなるよ。。

次の日、メルローズアベニューという、ブティックが2キロくらいに渡ってずら~と並んでいる通りに行きました。ここは感動するって聞いていたので 楽しみにして行きました。たしかに、アクセサリー屋、ブティック、古着屋、色々なお店が沢山並んでいます。見てるとどれもこれも欲しくなってしまいますね。 こういう所は、お金がある程度あるときに来るのが一番いいよね。見ても、ウィンドウショッピングだけで終わり。じゃあ、悲しくなる。でも、そんな節約の掟を破ってまで欲しいものがなかったと言えば、そうなんですけどね。

その後、ハリウッドまで行き、ハリウッド・ハイランドとかチャイニーズシアター、ウォークオブフェイムなどあの辺の観光箇所を見た。有名人の手形とかサインがあるところも見たけど、どれがだれのサインかわからなかった。なさけねー。ハリウッド大通では、コスプレしてる人とかパフォーマンスしてる人が沢山いた。原宿みたいねー。

次はゲッティセンター。ゲッティセンターとは、ゲッティていう人が私財を使って、作った美術館です。入り口から美術館の入り口までトラムが走ってたりします。 すごいですよねー。いったい、どれがけ大金持ちなんだっつーの!しかも、ここ、入場料タダなのね!タダなら行かないとってことで、あんまり美術品とかに興味のない私も行ってみることにしました。 おもしろくなくても、タダなら許せるし。
やっぱり、見てもあんまり感動しなかったけど、いくつかいいなぁと思うものはありました。あと、おもしろい美術品とか。つるべーっぽい置物とか、変な顔した置物とか。そういうものにばかり反応してしまう私。くくく。

そんなこんなで、ロス5日間は過ぎて行きました。5日は長かったかも。もうちょっと短くてもよかったなー。
次はバスでサンディエゴへ移動です。グレイハウウンドのバス停が感じ悪い場所にあるので、ちょっと怖かった。あそこが一番治安が悪いんじゃないかと思ったよ。

写真集「世界一周」有園麻美