写真集「世界一周」有園麻美

Kuta

2008.06.18 ~ 2008.06.24 うきうきなバリ島☆

お金と宿情報はこちら

写真をもっと見る

インドデリーよりタイのバンコクへ。1泊した後、インドネシアジャカルタに飛びました。格安航空会社の格安値段だったため、夜中の発着。ジャカルタの空港に着いたのは、夜中の1時半でした。貧乏バックパッカーなので、タクシーは使えないということで、空港で寝ることに。でも、人もあんまりいないし、女の人なんて全然いないしで、寝るのも怖かったけど、でも眠気にも勝てずに寝ました。次の日、9時過ぎまで寝てから行動開始。私はジャカルタには泊まらず、そのままバリ島に行きたかったので、どうやったら行けるのかを聞く。バスより列車にしろと言われ、エアポートバスで駅まで行くことにした。が、バスを待っていた時に、念のためにもう1人聞いてみようということで、バリ島への行き方を聞くと、バスで行きなさいみたいなことになって、じゃあバスにしようかなってことで、その教えてくれた人に着いていくことにした。その人はバス停まで案内してくれた上に、バスのチケット買うのも手伝ってくれ、私が乗るバスまで案内してくれ、運転手にこの人はデンバザールまで行きたいらしいからよろしくね!と頼んでくれたりしてくれた。本当に親切にしてくれ、インドネシア人って超いい人じゃん!とか思った。旅行者は現地人の親切なしに、旅できないからねー。本当にうれしかった。

そのバスの中でも、外国人が珍しいのか、どこに行くの?とかバリ島に行ったら泊まるところはあるのか?とか色々質問され、その結果、クタに住む女の子と一緒にクタに行くことになった。その人が泊まるところを紹介してくれるというのだ。デンバザールからクタまでのタクシー代は払わされたけど、ガイドブックを持っていない身としては、ありがたかったな。やっぱり、インドネシア人親切じゃん!と思った。本当に、現地人の親切には心打たれるよ。

人生初のネイルアート。

足もやってもらいました。

クタビーチにてタトゥー。

クタに着いた私は、何故かうれしくて眠れませんでした。バリ島という有名なリゾート地に来て、うきうきしてしまったんですねー。その結果、道で声かけられたネイルアートをしてもらい、マッサージでフットマッサージもしてもらい、クタビーチではタトゥーもしてもらいました。なんか、超うきうきしすぎて興奮していたんです。

そして、クタビーチといえば、夕日。とってもキレイ。夕日を見ながら、波の音をBGMにして、ビールを飲むのが日課になっていました。私は、普通だと1人ではお酒呑まないんだけど、そんな私でも、クタでは飲んでみたくなっちゃいましたねー。それくらい、雰囲気よし!だった。本当に夕日はキレイです。濡れている砂浜が、キラキラ光っていて、とてもキレイ。最近山をよく見ていたから、私は山の方が好きだ!山派だ!とか思っていたけど、海も来てみると海もいい!日本にいて、夕日がきれいだとか感じたことがあっただろうかと、思いました。日本に帰ってからも、夕日だとか当たり前のことにちゃんと感動できるようでいたいなーと。

ナシチャンプル。豪勢に盛ってあります。

私はナシチャンプルが好き!

やっぱり世界で一番おいしい食べ物は寿司!

そして、インドネシアはご飯がおいしい!本当においしい!ご飯がおいしいって、こんなに感動できることだったんだ!とわかりました。毎日毎食何を食べようか悩めるって素敵ですねー。今まで旅の中で、そんな楽しみを感じたこと、あまりなかったもんなぁ。あんまり食事がおいしい国に行っていないからなー。東南アジアは食事がおいしいからとてもいい!

写真集「世界一周」有園麻美