写真集「世界一周」有園麻美

Kathmandu

2008.05.19 ~ 2008.05.23 インドビザ再取得に燃える

お金と宿情報はこちら

写真をもっと見る

ネパールインドビザを取るのは大変ときいていた。なんでも、インドビザを取るツーリストが多いため、みんな朝の5時6時くらいから並んで取るんだとか。そんな朝早く行かないといけないのー!?絶対イヤー!とか思っていたけど、インドビザが欲しいため、がんばりました。

1日目、ビザを申請する日、私は早い番号が欲しいため、がんばって4時に起きて、インド大使館へ行きました。4時といえば、辺りは真っ暗。インド大使館は歩いていける距離だけど、暗いし、もし強盗にでもあったら、とりかえしがつかないし、こわい!と思って、リクシャで行きました。そしたら、インド大使館の前にイギリス大使館があるのですが、その大使館前に吠えまくる犬が2匹いたため、吠える犬嫌いの私は、本当にリクシャで行ってよかったー!と思いました。歩いて行っていたら、犬怖さでインド大使館までたどり着けなかった!

そして、インド大使館へ行き、警備の人に番号札くれと言うと、渡された番号がなんと40番!なんで、4時に来て、40番なの!?とかすごーーくガッカリして、尋ねると、番号札は前日の10時から配布しているらしい。前日から配布しているなんて知らないよ~とガッカリしました。早起きして4時に来た私っていったい。。1回ホテルに戻るのも、もったいないので、大使館前で待っていることにしました。インド大使館が開くのが、9時半なので、5時間。暇つぶしグッツとして持ってきた、アクセサリー作りをしていると、警備の人が中に入っていいよと言って、警備員室に招いてくれました。よかったー、これで寒くない。最初は会話していたけど、警備員も英語があまりできないため、あんまり会話は続かず。私はもくもくとアクセサリー作り。暇つぶしがあると時間がたつのが早い。6時くらいになるとあたりは明るくなり、チャイ屋もオープンしたため、警備員室から出て、チャイを飲んで時間つぶし。

そんなこんなで9時になり、番号順に整列させられ、その番号順に大使館内に入っていきます。そして、テレックスの申請書みたいなのを配られ、それを記入して、自分の番がくるのを待ちます。月曜日に行ったためか、人が多い。それなのに、窓口はひとつしかなく、全然進みません。それでも、待ち、待ち続け、ようやく自分の番。パスポートとテレックスの紙を渡し、テレックス用紙と申請書をもらい、次の窓口へ。そして、テレックス代の300ルピーを払って、今日の仕事は終わり。でも、今度は3日後にまたやってきて、ビザの申請書を提出しなくてはいけません。

3日後。この時は、前日の夜11時にインド大使館へ行き、番号札をもらいました。前日夜11時に行って、27番。本当に、人が多いですねー。そして、次の日は8時くらいに歩いてインド大使館へ。また9時くらいに番号順に整列させられ、その順に大使館内に入っていく。そして、自分の番がきたら、前回のテレックスの領収書とビザの申請書とインドビザとパスポートの写真のページとネパールビザのコピーを渡します。「なんでインドにまた行きたいのか?」と聞かれた。「I love India !!」と答えると、大使館の人は笑って、それで終わり。特にいちゃもんつけられなくてよかったー。そして、ビザ代の振込みの紙?をもらって、ビザ代を支払えば、終わり。この日の4時30分にまた来いと言われ、行くと、インドビザがちゃんと発給されました!

朝早く起きたり、長く並んだり大変だけど、まぁ、ちゃんと取れたのでよかった。でも、2回目の申請だと、3ヶ月のダブルかシングルビザしかもらえません。でも、1回目だったら、たぶん6ヶ月のマルチがもらえるハズ!

写真集「世界一周」有園麻美