写真集「世界一周」有園麻美

Chicago

2005.10.5 いざ、シカゴへ!

写真をもっと見る

写真をもっと見る

出かける少し前に気づいた。この紙で航空券と引き替えれるのかー!?と。 私が持って行こうとしていたのはただの領収書だったんですねー。。 ほんとうは、パッセンジャーなんとかっていうのが必要みたいで。ちゃんと気づいてよかった!と思った。 持って行かずに空港まで行っていたら、旅行できなかったよね。ばかな私。。

前日まで、集合時間とかちゃんと確認してなかった気がするな。 かなり適当な感じで(笑)でもその適当さってきっと大事なのよ。うんうん。 で、ぎりぎりで成田についてチェックイン。 100ドルしか換金しなかったので、もう100ドル分買いました。 トイレで写真も撮り(→の写真)、ウロウロしてるうちにあっという間に飛行機乗る時間になりました。 出国も普通にスムーズだったような気がする。 タイに行くときの方がもっと何回も荷物チェックがあったような。。 テロ対策で厳しいんじゃないのか、アメリカ!予想と違いました。

飛行機はいると、個人個人でテレビがあるのに感動!音楽はハウスのチャンネルあるし!!わーいうれしいうれしい♪隣は日本の女の子だったので、しかも年も近そうだったので話しかけてみた。彼女はデンバーに彼氏に会いに行くらしい。一ヶ月くらい仕事休んで行くみたいでした。うらやましい。一ヶ月休み取れるのがいいなーと思った。

ヒューストンの待ち時間も彼女と過ごしすぐに時間は過ぎていった。アメリカ入国もスムーズだった。靴脱げとかもなかったし、全然入国厳しくないじゃん!それが私の感想でした。親は「アメリカ入国は厳しいから入れてもらえないかもよ」とか言ってたのに。。テレビとかマスコミの情報はあてにならないことが多いよね。何でも自分で見てみないと本当のところはわからない。少し前の中国の暴動だって、暴動している人はごく一部なのに、マスコミがさもみんなが日本に敵対心持ってますみたいな報道するから、中国人は日本人を嫌っていると思ってしまうんじゃんね。情報に踊らされるのはどうかと思う。

シカゴの空港ついて、まずどこにいけばせーじくんがいるのかわからず。。うろうろしてたら、おもしろいベンチがたくさんあったので撮ってみた(↑の写真)。さらに歩くと旅行者用の案内のとこについたので、電話するために1ドルをコインに変えてくれーと言ったらここの電話使ってイイよって言われたので、電話。バゲージクラーク(発音違うかも)にいるとのことで行きました。すぐ出会えました!よかったよかった!しかし、私は旅行者用案内のところにメモ帳を忘れてしまうのでした。

車でシカゴの家に連れて行ってもらいました。きれいな家です。いいなぁ。私もあんな家に住みたい!3人で住んでも余裕あるよねーと思った。元はホテルだったとか。。いいな。

で、「これから友達二人来て、夕食食べに行くけど一緒に行く?」と言われ、もちろん!ってことで行きました。ピザピザピザ!!シカゴって言ったらピザらしいですよ。ピザは分厚かった!そしてみんなナイフとフォークで食べてました!

マイクがヒゲ生やしててびっくりした。絶対ヒゲある方がいいよ!と思ったので、そんな感じのことを伝えてみました。この日初めて会ったのが、サムとレベッカでした。レベッカかわいいのよん。雰囲気がかわいかったなー。サムはつれなかった(笑)

一緒に行ったのは、せーじ、マイク、アンジュル、サム、レベッカ、私。ピザを食べました。分厚かった。そして、みんなナイフとフォークで食べているのにちょっとびっくりした。ビールも飲んだよ。ちゃんとIDチェックが一人一人されて、アンジュルは10代なため飲んでなかった。アンジュルは飲んでなかったけど、よく話していた。普段からこーゆーキャラだったんだーと思ったのでした。

その後家に帰って、寝た(多分。このへんあいまいです。でも多分何かしたっていう記憶がないから寝たんだと思う)

2005.10.6 シカゴダウンタウン内をうろうろ。そして一人夜中にクラブへ。。

一人でダウンタウン内を歩き回りました。電車代がもったいないから、全部歩いた。でも、結構歩ける。地図見ると、遠いような気がするけど、そんなことない。みなさん、地図にだまされないように!行ったところあんまり覚えてないけけど、本屋とかよく入ったなー。こっちの本屋ってかっこいい。日本みたいに本をただ並べてるってかんじじゃないところが多い。本棚とかがかっこいい。お店の空間デザイン(っていうのか?)もかっちょいい。ヒルズのツタヤみたいな感じかなぁ。これは、本に対しての意識の違いかなぁ~とか思った。よくわかりませんけど。→に載せている写真は古本屋の写真なのでツタヤっぽくないけど。。ここも、乗ると揺れるイス(ニュアンスわかってもらえるかな?)とかあって、かなーりいいかんじでした。長時間そこで本読めるなぁって感じ。

あとは、でかい公園・ミレニアムパークにも行きました。公園ではセキュリティーの人がセグウェイに乗って見回りしてたけど、どうみてもあれはセグウェイに乗って楽しんでるんだじゃないの?とか思った。わたしも乗ってみたかったなー。その公園にはでっかいオブジェ?もありました。あと、パンデイロの練習していたらセキュリティの人に、「もっと叩いてみろ」って言われたんだ。でも、私がうまく叩けずにいたら、やれやれみたいな感じで去っていってしまった。くそーもっとうまく叩けてたら、ここでコミュニケーションできたのにーとか思ってちょっと悔しかった。練習がんばろうと思った(にもかかわらず、一向に練習してないなぁ。。2005.12.25現在。。)

結局この日は一日中朝からウロついたわりには、ノート一冊買っただけで何も買わなかった。なぜなら、お金がないからー!かなしー!でも、そのノートかわいいの!世界一周の旅にも絶対持って行くぜ?と思ってます。ほんとかわいいわ。画像載せたいんですけど、デジカメないからムリ、、デジカメ買ったら画像載せますねー。

夕方家に帰って、むりやりせーじ大学授業を見学。小さい部屋だった。みんなでアニメーションをつくるっていう授業らしい。それでアイディアだしで、みんながもってきた素材?を各個人がプレゼンしてた。それでそれに対して、みんなが意見言っていた(多分。言葉がわからないので何やっていたかは予測ね)ちゃんと監督とかプロデューサーとか役割が決まっているらしい。おもしろそうな授業ですねー。日本の美大もこんな感じかなーとか思った。カメラ持って行けばよかったんだけど、忘れちゃったんですよね。すごくもったいないことしたなーと思ったよ。カメラはいつでもどこでも持ち歩くべし!授業はおもしろかったけど(でも理解はできてなかったけど。笑)日中歩き回って疲れ、眠かったので休憩時間で帰った。そして寝る。

起きたら誰もいなくて、まだ帰ってないのかなーとか思った。とりあえずクラブは行かなくちゃ!と思ってクラブ行くことにした。一人かーこわいなぁとか思いつつ。でも、アメリカ行ったらクラブ行かないとだめだろ!と思っていた私は、強行突破です。そしていつものケチ精神から電車で行きました。(多分、危険なことなので、みなさんはタクシーとかで行くのがいいでしょう。。)電車内でたばこ吸っている人がいて、こういうのは嫌だと思った。あと、電車内が汚い。なんでだろ。24時間営業だから掃除する時間がないんですかね。電車の面では日本の方が好きだなーと思う。椅子もキレイだし。広いし。アメリカ人大きいだからもっと広い電車にすればいいのにねー。

最初にスマートバーに行った。迷ったら人に聞く。そして少しこわいよーと思いつつ。無事について、セキュリティーの人にパスポート見せて8ドル払って入る。人が少な!!!木曜って言うのもあったんだろうけどねー。ほんと人が少なくて、アメリカのクラブっていったらすごいに違いない!という理想ができあがっていた私としては「あれ?」みたいな。だから、1時間くらいで出た。8ドルもったいなーい!お金がもったいないのでお酒も飲まなかったし。あは。意味ないね。

次に別のクラブに行こうと思って移動。やっぱ電車内こわい!乗ってる人の雰囲気がこわいよー。たかられるかもしれない!とか思って、なるべく安全そうな人がいる車両に乗る。そういえば、電車待ってるとき、男の人に話しかけられて、ちょっと英語で会話した気がする。下心なさそうな人だったからよかったよ。もっと話したい!と思った。(この人と話したいっていうより英語を話したい!って意味です)

で、そのお目当ての二件目のクラブの最寄り駅で降りて歩いていると人で溢れてるクラブを発見!ここに入ればアメリカのクラブを体験できるに違いない!と思ったので入ることにした。セキュリティの人がしっかりしてて、入り口にロープが。。だから「中に入りたい」と言わなきゃいけなかったけど、それを英語でなんていえばいいのかわからず、しばらく困った。結局、電子辞書で「入る」を調べて、I want といいつつ電子辞書指さしたら、わかってくれて、入れた。ここは10ドル。盛り上がってましたよ。スマートバーとは比べものにならないくらい!こっちのクラブは男と女がやらしくからんで踊るっぽいですね。どの音楽でもそうだった。ハウスでもからんでいた。きゃーやらしードキドキと思って見てた。いいね。かっこいい!あーゆー踊り好きです。私もやりたかったけど、勇気がでなくて見てるだっけで終わった。きっと酔ってたら踊ったと思うなー。ダンスってエロいね。局部を使わないセックスみたいでした。セックスよりよっぽどエロいかもね。

クラブは4時で終了。なので家に帰る。そしたら、みんな酔ってたよ!いたのは、マイクとアンジュルとサムとニックかな。セージは寝てた。そしてマイク以外はトランクス一丁だったよ。私が帰ってもみんな気にせずトランクス一丁。別にいいけどね。で、色々話した。カタコト英語とカタコト日本語で。みんな優しいっすね。ありがたいっす!日本語話そうと努力してくれるし。私も英語がんばろ。と実感した時でした。ニックの話してること、聞き取るのがむずかしかった。早すぎ!聞き取りもがんばらねば!書いてもらうと理解できるんだけどね。聞き取るのがね、むずかしい。(日本教育の結果だ)

2005.10.07 一日中寝ていて無駄にした日。。

朝までみんなとお話してて寝たのが朝の9時くらい?それから、一日中寝てた。本当に一日中寝てたー。一日無駄にしたのよ。起きたら暗くなっていましたー。でも、がんばりすぎもよくないしよかったのかも。

アンジュルーは実家に帰ったらしい。せーじくんと二人っきり。。彼は仕事があるくせに、私に付き合って映画に連れていってくれましたー。ありがたいねー。IMAXというもので、メガネをつけてみるんですけど、3Dになって見えるんですねー。まるでTDLやUSJのアトラクションのひとつのようでした。3D勉強してるせーじくんからしたら、ひどいCGだったみたいですね。でも、素人の私からしたら、十分楽しめました☆

その後、アメリカンフードを食べました。アメリカのお店ってフリードリンクなところが多いらしい。すばらしいね。日本もそうなればいいのに。そして、食べきれないとお持ち帰りをするのが普通みたいです。なので、アメリカ行って、レストランとかで何か食べたとき食べきれなかったものは、すべてお持ち帰りしましょう!次の日の朝ご飯を節約できます!

ニックと夜クラブ行くはずだったのに、連絡来なかったー。まぁ、昨日オールしたし、疲れてたんだろうね。しかし、ちょっと残念だったなー。クラブ行きたかったー。でも、行ったら、多分ニックとあのやらしい踊りを踊らないといけなかったんだよなーと思うと、中止になってよかったかも?と思ったり。だって恥ずかしいしー

2005.10.08 家で飲み会!たのしかった!!写真をもっと見る

この日はRESFESTのボランティアスタッフするつもりだったのに、当日ドタキャンしてしまいました。すっごい責任感ないね。本当にごめんなさい!でも、英語もぜんぜん通じないということがわかり、ヒヨったのでした。まじでダメ人間、、すいません!

暇だったのでまた、ダウンタウン内を散歩。この日は買い物もしました。H& Mにも行った。H& Mって安いわりにかわいい服がたくさん。かなりほしい服がたくさんあった。目がきらきらになったよ。貧乏人にとっては天国・パラダイスですよ!あーもう!日本にもきてほしー!!この日はダウンジャケット(60ドル)と手袋(5ドル)を買いました。これでこの冬は安泰。。

ASIAN JAZZ FESTIVALっていうのがあるらしかったので、それを見にシカゴ・カルチュアルセンターへ行きました。ここでは、毎日無料で何かやってるっぽいのでシカゴ行くときはチェックしてみるといいかも。JAZZフェスティバルはタダでジャズを聴けてラッキーでした。でも、あんまりジャズが好きとかそんなのではなかったので、ふ~んという感じで(笑)でも、シカゴってJAZZとかブルースが有名な街みたいだから、そういうところでジャズ演奏をタダで聞けたっていうのはラッキーかもね。

そのあと、ネイビーピアへ行きました。ここも普通。まぁこんなんだよね、という感想くらいしか抱かなかった。あと、子供向けのパフォーマンスもあったので見る。写真の黒人の男の子かわいかったー☆

ネイビーピアの入り口ではおかしを売っていた子供たちがいた。親は近くでベンチに座ってるんだよねー。で、子供にチョコバーを売らせている。結構みんな買ってあげてたなー。あんまり貧しそうな感じはしなかったけど、どうしてやってるのかな?他のストリートでは、コップもって座っているホームレスがいた。若い女の人でコップ持ってる人もいた。

そしてシアーズタワーへ。タワーに登る前にシカゴの歴史?みたいなのを映像で見させられる。あんまり必要ない気もするけど、、で、上って見てみたけど、やっぱり私夜景を見て感動するタイプじゃないなーと思った。夜景見て「わーきれーい!!」と思う心が欠落しているような。

で、家に帰ると人がきて、買出し。お酒とかを買出し。買出ししてると、せーじくんの友達がどんどん集まってきて、最終的には結構な人数になった。ほんと、うれしかった。パーティーのちょっと前「こんなの計画してくれてすごくうれしいです。ありがとう」とせーじくんに言ったら「まみのために呼んだんだよ」と言われた時には、ぐっときて泣きそうだった。ここで「ありがとう!すごくうれしい!!!!!」と言って抱きついて泣けたらいいのだけど、そこまで感情豊かにできない私は「ありがとー!」と言って終わった。しかし心の中では抱きついていたんだけど、、出そうだった涙もこらえた!あぁ感情出せればどんなにいいことか、、熱い人間ってむずかしいな。小さい頃よく泣く人間だった私は泣くことがよくないことだという意識がすごくあるから、そこらへん上手にできないのだと思う。大人になっても泣くのってあんまりよくないっていう意識があるけど、そーじゃないよね。別に恥ずかしくないよ。(と自分に言い聞かせる)

  レベッカ、ミナ、ニッキー、クリス、デイブ、キム(金さん)、ニック、マイク、せーじ、もう一人黒人の男の人で名前忘れちゃった、私。たぶんこれだけの人がいました。11人か。。かなりの人数。女の子たちは、日本のCDとか持ってて、もってきてくれた。すごーい、楽しかった。もう、シカゴの思い出っていったら、この夜のことを一番に思い出すよ。この日も朝まで飲んで食べて話して、、そんなひとときでした

2005.10.09 ネコかわいかったわぁ~

朝まで起きてたにもかかわらず、ちょっと寝たらまたダウンタウン内を散歩。私って知らない街を一人で散歩するのすきだよなぁとこの時気づいたのでした。これからは、趣味:散歩にしよう。

アメリカでショッピングできるのは今日が最後だーと思って、お気に入りのH& Mにまた行ったわけですよ。そしたら、持ってきたカードが使えず、泣く泣あきらめました。多分JCBのカードだったから使えなかったと思う。JCB使えない!今度の旅行では絶対visaとかを持っていこうと心に誓ったのでした。

ストリートでは、パフォーマンスして稼ぐ人たちがちらほらいた。そのパフォーマンス結構すごいんだよね。黒人の男の子がバケツをドラム代わりにしてたたいていた。おじさんは、トランペットを吹いていた。二人とも上手だった。できれば、近くによって何枚も写真を撮りたかったけど、寄付するお金がもったいなくて遠くから写真を。だから写真では、ドラムの子は小さく写っていて、トランペットのおじさんには人がかぶっているのだった(笑)今思うと寄付して、もっと近くからばしばし写真撮ればよかったなーと思う。演奏に感動したなら、対価として1ドルくらいあげればいいじゃんね。ケチすぎるのも考え物だ。反省!


また適当に歩いていると図書館をみつけたので入ってみました。図書館すごい立派な建物だった。かっちょいー!中はいると、これまた広い!パソコンもすごい沢山置いてあった。でも多分貸し出しカードみたいなのが必要らしかったのでネットするのは諦めて、机で日記を書いていました。

図書館からでると、せーじくんから電話があり、今から実家に行くんだけど一緒に行く?とか言われ、ついていくことに。途中で蚤の市見たいなところにも寄ったけど、終わりかけだったのでいまいちだったかな。せーじくんの実家は映画にでてくるような家だった。アメリカっぽーい!で、せーじ家のネコがほんとにかわいかったー。私、動物嫌いだけど、そのネコはひとなっつこくて、ほんとかわいーなぁ!って思った。またその猫にあいたい。

時間があったので近くのモールへ行き、映画を見ることに。時間を見ると少々時間があったので、夕食を食べて(それも食べ切れなかったのでお持ち帰りした。)、それでも時間があったので、せーじくんのお姉さんの家にお邪魔しました。せーじくんとせーじ姉さんは英語で会話してたよ!すげ!かっちょいいな!まぁアメリカで育ったんだから当たり前かもね。その後、時間になったので映画。もちろん字幕なし。まぁ映画だしね。映像あるしね。イマジネーションでどうにかなるよね(ということにしておこう。。笑)

そして、家に帰って寝る。わーん、もう今日で最後だよーさみちー!というわけで、語り合っていたら泣くだろと思ったので、泣くのを見られるのは嫌だったから早々に寝ました。朝早いし。

2005.10.10 さようなら、シカゴ~

朝7時の飛行機で帰った。朝早いのにせーじくんは空港まで車で送ってくれた。うれしかったです。「これでお別れかー」と思うと泣きそうだった。泣きそうになるたびに、泣くのをこらえるために会話がなくなるのでした。泣くのは別れのハグの時だーと勝手に思って、こらえてたんですが、いざお別れのハグの瞬間はアッサリと泣くこともなく過ぎ去っていったので、これなら、車の中とか、昨日とか号泣しとけばよかったー!と思ったのでした。もっと感動的なお別れがよかったよー!!笑

空港行って、チェックイン。空港の人にチケット見せたら搭乗手続きしてくれた。で、忘れ物の手帳を取りに行ったのだけど、まだ開いていない。8時半かららしくて、諦めることにした。あのアジアの旅行の時に出会った人たちの連絡先が書いてあったんですけどね、、まぁいいんだ。縁があれば、また会えるだろうしー

7時出発なのに、朝5時くらいに空港についたのですごくヒマだった。やっぱりせーじくんが言うようにもっと遅くてもよかったなーと思った。国内線だしねー。でも初アメリカ飛行機だし心配だったんだよ!

ヒューストンについて、唇が痛かったのでリップクリームを買う。そしてコーラとおかしを買って、ドルはすべて使い切った。

アメリカの出国の手続きってどうやればいいんだろ、、と思って心配だったけど、飛行機に乗る時に航空券とパスポートと緑色の紙(入国の時に書かされるもの)を渡して、終わりだった。入国の時のようにちゃんとカウンターがあるわけじゃないんだね。これにはびっくり。えーと、タイにも出国のカウンターあったような気がするぞ?そんな、簡単に出国させていいんだろうか。。出て行く人は勝手に出て行けってかんじなんですかね?入国は厳しくしてるのにね。変なのーと思った記憶があります。

帰りの飛行機も前にテレビがあってうれしかったー。でも眠くて、寝てた。見ようと思ってたプログラムもちゃんと見てないや。機内食はいつでもうれしい。国際線のいいところは、機内食が沢山出るところだー。

写真集「世界一周」有園麻美