写真集「世界一周」有園麻美

Bangladesh

2008.03.25 ~ 2008.04.01 アイドル気分を味わえる国

お金と宿情報はこちら

写真をもっと見る

バナラシは暑くて、コルカタも暑くて、暑いので本音ではバングラデシュには行きたくなかったのだけど、 去年の夏にボリビアで出会った、れいこちゃんが青年海外協力隊でバングラデシュに派遣されていて、会いに行くと約束したために、約束を破るわけにはいかない!ということでがんばって行きました。多分、れいこちゃんがいなかったら、バングラデシュ行ってなかったと思う。暑いのも行動力を下げるね。
そして、バングラデシュに着くと、もっと暑い。しかも、英語が通じない。お目当てのホテルに行けるかどうかが本当に心配だった。無事に着いた時には本当にホッとした。夜の9時くらいにバス停に着いて、それから宿までリクシャでーだったので、夜ということもあり、余計に心配だったのだ。良かった良かった無事に着いて。

次の日、れいこちゃんに連絡した。ちょうど、ダッカに来ているというので、迎えにきてくれた。そして、同じ隊員(Mさん)の家におじゃまして、手作り料理をご馳走になった。あー!日本食!本当においしかった。

次の日は、そのMさんの職場?へおじゃましました。Mさんは日本ではWebデザイナーしていたらしい。私と同じ職業だ。そして、ここでは、PCインストラクターとして派遣されている。私も、協力隊に興味がでてきたので、見学することにしたのだった。Mさんの職場は、職業訓練所。そこで、ソフトの使い方を教えているらしい。教えるのか。。私、人に教えるとか苦手なんだよねー。。私には無理かもしれないとか思った。でも、協力隊は魅力的だ。なんせ、他国で経験をつめるんだからね。途上国で2年過ごすというのは、大変だと思うけど、その経験は、日本にいてはできないことだと思う。色々なことを、感じられるはずだし、自分を高められると思う。私も日本に帰ったら応募してみようかなーとか思った。しかし、私は、発展途上国に付き物の、ゴキブリやネズミがだめなので、暮らすとなると、やっぱり難しいかなーとか思うのだった。ゴキブリとネズミは怖い。。あと、でかいクモも怖い。。それらと、共存しないといけないと考えると、本当にコワーイ!!

で、数日後、れいこちゃんの派遣先のノルシンディに行った。バングラデシュといば、アイドル気分を味わえる国。旅行者が少ないため、外国人が珍しいのか、芸能人になったように、よく囲まれると。それも、期待して、バングラデシュにやってきたわけ。

でも、ダッカではあんまり囲まれることはなかった。あれ?期待ハズレ?とか思ったけど、ノルシンディとか田舎の方に行くと本当に囲まれた。歩いていると後ろから人がついてくる。立ち止まるとみんなに、囲まれる。

チャイを飲んでいても、囲まれる。わー!これこそ芸能人になったみたい!と、当初の目的を果たせて、私は満足。やっぱり、田舎はいいねー。他の国では、子供たちが集まってくることはあっても、大人はあんまりよってこなかったけど、バングラデシュは違う。バングラデシュは大人も子供も関係なく、みんな集まってくるのだ。おもしろいよねー。アイドル気分を味わいたい人はぜひ、バングラデシュへ!

写真集「世界一周」有園麻美