写真集「世界一周」有園麻美

Arba Minch

2007.10.09 ~ 2007.10.11 シーシャ&チャット大会

お金と宿情報はこちら

写真をもっと見る

エチオピアのコーヒーセレモニー

ジンカで会った韓国人のAさんとアルバミンチまでやってきました。
ぶらぶらしていると、そのへんで知り合った人に、なぜかコーヒーセレモニーに招待してもらいました。エチオピアは、コーヒーが有名。ちゃんと豆から炒ってコーヒーを入れてくれます。

そして、エチオピア名物、子供たちのユー!ユー!!
エチオピアの子供たちは、外国人を見るとユーユーと言ってくるんです。うっとおしいと言う人もいるけど、私はかわいいと思います。

シーシャとチャット

アルバミンチ最終日、そのAさんが仲良くなった人のところで、シーシャ(水タバコ)が吸えるというのでついていってみた。水タバコは初めて吸ったけど、味がついていておいしい。普通のタバコよりも吸いやすい!(でも健康にはよくないらしい)おいしいので、ずっと吸っていたくなります。そして、水タバコと一緒にチャットもやった。初めてのチャット(カート?)。チャットとは、エチオピアとかイエメンとかでみんな噛んでいる葉のこと。これをずーーっと噛んで3時間ぐらい 続けていると軽い覚醒作用があるらしい。エチオピアやイエメンでは、みんなで集まって、チャットをしながら、長時間色々な話をするらしい。チャットを噛んでみる。マズい。しかも、みんな噛み続けて、誰一人葉を出さないので、マズいけど私も噛み続けないといけない。手持ちの葉がなくなると、やさしいエチオピア人たちは葉をくれるので、マズいけどまた口に入れて噛む。この味には最後まで慣れなかった。だけど、チャットのあるところに炭酸系のジュースを流し込むと、ぶくぶくと泡が立つのはおもしろかった。

この時、Aさんと私以外はみんな男だった。でも、全然嫌な話とかされなかったのがよかった。3時間くらいいたけど、話の内容は結構まじめだった気がする。日本とか韓国についてとか、経済についてとか。話の内容は、ちゃんとは覚えてないけど、まじめな話ばかりでよかったーと思ったのは覚えている。エチオピア人とシーシャとかって、1人だったら絶対体験できない(1人だったら誘われても絶対行かないから)から、Aさんがいてよかった!誘ってくれて感謝。みんないい人だったし。このことでますますエチオピア好きになった。現地人と仲良くなるのは楽しい。見極めが大切だとは思うけど。

次の日はシャシャマネに移動する日だったので、11時くらいには宿に帰った。だけど、チャットのおかげで全然眠れず。本当に、目が冴えてしょうがなかった。噛んでいる時は全然何も変化なかったのに。結局4時半までずっと起きていて、そのままバス停に向ったのだった。Aさんも眠れなかったらしい。これなら、ずっとあの場にいればよかったねーと話した。

写真集「世界一周」有園麻美